SIMフリースマホやタブレット端末は並行輸入品に注意しよう

SIMフリースマホやタブレット端末は並行輸入品に注意しよう

 

今では、格安SIMを利用する方法として、SIMフリー端末やタブレット端末を利用する方が増えています。

 

その中でも、コストパフォーマンスの高いメーカーとして『FREETEL』、『ASUS』そして『HUAWEI』といったメーカーのシェアが高くなっています。

 

しかし、最近ではSIMフリー端末もハイスペック化し、価格も高くなる傾向にあります。

 

そこで、目を向けてしまうのが海外の新興メーカー製のSIMフリースマートフォンやタブレット端末です。

 

 

 

並行輸入品には注意が必要

 

これらの端末の中には正規輸入ではなく、並行輸入品として日本国内で流通しているものもあります。

 

並行輸入品には注意が必要な点があります。

 

技適マークの有無に注意

 

並行輸入品には、日本国内で重要な「技適マーク」が無いというケースがあります。

 

技適マークが無い場合、日本国内で使用すると電波法違反に該当してしまうため、安易に海外製のSIMフリースマートフォンやタブレット端末に手を出すのが危険になります。

 

使用できる通信方式にも注意

 

さらに、4GLTE回線の普及は日本国内で進んでいるだけであり、海外では3G回線がハイスピード回線、そして旧世代の2G回線が現役で使用されています。

 

ここで問題となるのが、並行輸入品の多くが4GLTEの周波数帯を殆ど利用出来ないということがあります。

 

その結果、SIMフリー端末で高速通信が可能だと考えていたのに、3G回線しか使えないといった問題に直面してしまいます。

 

 

 

SIMフリー端末の購入には注意が必要

 

海外製のSIMフリー端末は、インターネットショッピングなどで簡単に購入できます。

 

しかし、「docomoやSoftbankのSIMカードを挿せば通信が出来ます」など不確実性の高い情報を掲げているケースがあり、製品スペックをしっかりと確認する必要性があります。

 

docomoやSoftbankの回線が使えると謳っていながら、ごく一部の周波数帯しか使えないといったケースが多くあり、端末の購入に失敗してしまうことがあります。

 

安全なSIMフリー端末を手に入れるのであれば、格安SIMとセットになって販売されている端末を安く購入するのがおすすめです。