より安く!格安SIMで利用するスマホ端末の3つの入手方法

より安く!格安SIMで利用するスマホ端末の3つの入手方法

格安SIMサービスで使う端末は色々な入手方法があります。

 

今回は端末の入手方法3つを紹介したいと思います。

 

 

MVNOで取扱っている端末を購入する

 

MVNOで取扱っている端末を購入することで、そのまま格安SIMを利用することができます。

 

SIMフリー端末を利用する場合は、周波数や通信方式に問題が無いか確認する必要があるのですが、MVNOで取り扱っている端末は動作確認済なので気にする必要もありません。

 

自分で端末を購入する

 

アマゾンなどの通販サイト、家電量販店、中古ショップや中古スマホ専門の販売サイトなどで価格比較のうえ購入する方法です。

 

同じ端末でも結構いろいろな値段で売られており、タイムセールなど驚く値段のこともあります。

 

購入するのは、SIMフリー端末、キャリアの端末どちらでもよいです。

 

ただ、どちらを購入するにしても格安SIMが問題なく使えるか確認しておきましょう。

 

MVNOのホームページに動作確認済の端末一覧が載っているので、そちらを確認しておくとよいです。

 

元々使っている端末を利用する

 

キャリアで使っていた端末を利用するという方法もあります。

 

この場合にも、MVNOのホームページにある動作確認済の端末一覧で、問題ないことを確認しておいた方がいいです。

 

 

 

SIMロック解除が必要な場合もある

 

BIGLOBE、楽天モバイルやNTTコミュニケーションズなど老舗の大手を中心に圧倒的に多くのMVNOはドコモからのレンタル通信回線のため、ドコモの端末ならSIMロック解除などをせずにそのまま使えます。

 

またmineoなどau回線の業者も登場していますが、こうした場合は同様にau製品をそのまま使えます。

 

さらに近年はSIMロック解除が義務化され、auまたはソフトバンクのスマホをSIMロック解除してドコモ系MVNOで利用できるようになり格安購入の幅が広がってきています。

 

これらのMVNOでの組合せ購入以外の方法ではいろいろ注意すべき点が多いです。

 

ドコモ系格安SIMはテザリングが使えない

 

キャリア端末の場合、ドコモ機ではドコモ系の格安SIMを入れてテザリングすることはできません。

 

逆にau機にau系の格安SIMという組合せならテザリングが可能です。